飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システムを利用して
安定した店舗運営を実現

飲食店・レストラン運営を強力にアシストしてくれる「予約管理システム」は、Webサイトからのお客様の予約を受けるだけでなく予約されたお客様の顧客情報を管理して業務を効率化し、安定した店舗運営を実現するサービスです。


このサイトでは導入することで顧客満足度を向上させ、集客率や売上アップが期待できるメジャーな予約管理システムについて、特徴的な機能や、メリット・デメリットを詳しく紹介しています。

予約管理システムを利用して
安定した店舗運営を実現

飲食店・レストラン運営を強力にアシストしてくれる「予約管理システム」は、Webサイトからのお客様の予約を受けるだけでなく予約されたお客様の顧客情報を管理して業務を効率化し、安定した店舗運営を実現するサービスです。

このサイトでは導入することで顧客満足度を向上させ、集客率や売上アップが期待できるメジャーな予約管理システムについて、特徴的な機能や、メリット・デメリットを詳しく紹介しています。

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー

月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳

月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ

月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

あなたに必要な予約管理システムは?

あなたに必要な予約管理システムは?

運営にマッチする予約管理システム

あなたに必要な予約管理システムは?

予約管理システムとは、従来から飲食店で利用されてきた「紙」の予約台帳に代わるサービス全般を指します。予約管理システムを導入することで顧客サービスが向上し、集客率や売上の向上が期待できます。


各社の予約管理システムはそれぞれ得意とする部分が異なりますが、飲食店オーナーの目指す運営方法と合致するサービスを上手く利用することで、大きなメリットが期待できます。どの予約管理システムが自店舗の運営に合うのか迷っているオーナーは、下記の診断テストをお試しください。

設問に答えて最適な予約管理システムをチェック診断テスト

リピーター獲得や予約率のアップにつながる予約管理システムを導入したい

最初に戻る

あなたに必要な予約管理システムは?

飲食店の集客率をアップし、業務を効率化させる

予約管理システムとは?

あなたに必要な予約管理システムは?

飲食店・レストラン運営を強力にアシストしてくれる予約管理システムは、Webサイトからのお客様の予約を受けるだけでなく予約されたお客様の顧客情報を管理して業務を効率化し、安定した店舗運営を実現するサービスです。


予約管理システムはサーバー上のシステムをインターネット経由で利用するクラウド型サービスが主流で、インターネット接続されたタブレットPCやパソコンなどから、いつでも・どこでも利用できる利便性の高さが特徴です。


一言で予約管理システムと言っても、その仕組みはサービスによって異なります。ここでは、予約管理システムが内包する各種機能について紹介します。

※サービスによっては、機能を実装していないものもありますのでご注意ください。

飲食店の顧客管理と
活用方法

今まで紙で管理していた顧客情報。予約管理システムを利用することで大事な顧客データも一元管理することができ、リピーターの顧客情報を瞬時に見つけることができます。お客様の来店履歴、アレルギーなど接客に役立つ情報も管理でき、サービスによってはハガキや宛名ラベルの印刷まで対応しているものもあります。

電話着信時に顧客情報を表示する
「CTI機能」の有効性

予約管理システムのCTIを利用することで、電話着信時にお客様の名前や来店履歴を端末画面に表示し、瞬時に見ることができます。
お客様に 「お名前での声がけ」 ができることで、競合店との大きな差別化ができるほか、予約登録時に電話番号の手入力が不要になるなど、大きなメリットがあります。

予約の無断キャンセル
「ノーショー(No Show)」への有効な対策法

飲食店にとって大きな損害となる「ノーショー(No Show)」と呼ばれる予約の無断キャンセル。用意した料理がムダになり、多くの空席も出るなど、飲食店にとって死活問題です。
CTI機能を利用した予約管理システムでは、着信時に過去ノーショーを行ったお客様かどうかが電話口で分かるようになります。

グルメサイトとの予約連携

飲食店の予約時にグルメサイトにある予約システム利用をするお客様が増えていますが、グルメサイトと契約すると加盟料や予約数に応じた従量課金がかかります。専用Web予約ページなら初期の導入費用以外ほとんど費用がかかりません。ほとんどのサービスがグルメサイトからのネット予約を予約システムに取り込むことができます。

店舗独自のWeb予約ページで、
媒体依存を脱却

旅行サイトへの送客手数料が増加し、旅行業界では自社サイト+独自予約ページ導入が当たり前となっていますが、飲食業界でも送客手数料を防ぎ予約管理の効率化や集客のために、店舗独自Web予約ページを設置するところが増えています。予約システム導入で、今までの申込フォームより利便性の高い予約ページ構築ができます。

話し中による予約電話取りこぼしを防いで売上アップ!

「話し中」 などで対応できない電話に対しては、IVR(自動音声応答システム)を活用することで対応が可能です。
予約管理システムの自動音声応答システムを利用することで、話し中で取れなかった予約電話の発信者番号を取得でき、折り返しによる予約の獲得が可能になります。

予約管理はアプリの時代へ

予約管理システムを導入することで、予約業務を効率化し予約データを分析した情報をマーケティングに利用することができます。
最近ではクラウド型予約管理システムごとにサービスの特徴が明確になっており、いくつかの選択肢から自店に最適なサービスを選べるようになっています。

帳票類の印刷機能で効率アップ!

予約管理システムでは帳票類の印刷機能も充実しており、予約管理業務の効率があがります。
当日の「受付表」を印刷したり、サービスによっては予約ごとに料理名なども含めた配膳チェックシートを印刷できるものもあります。日々の作業にかかる時間を短縮できるメリットがあります。

予約管理システムの運用コスト比較

予約管理システムを導入する際には、機能だけでなく運用コストも気になるもの。そこで、代表的な予約管理システム5製品の運用コストを比較しています。設定条件は店舗の席数50席、CTI機能を利用する前提で、1店舗と10店舗で運用した場合となっています。

飲食店向け予約管理システムのおすすめ3製品

機能&コスト比較

横スライドで画面をスクロールできます

  リザーブキーパーリザーブキーパー公式HPへ ebica予約台帳ebica予約台帳公式HPへ トレタトレタ公式HPへ
予約台帳機能 にじゅうまるパソコン/iPad(アプリ)
※どちらも同じ操作で利用可能
丸パソコン/iPad(アプリ)
※iPad 推奨
三角iPad(アプリ)
※管理画面のみパソコンでも可
顧客管理機能 にじゅうまる予約時に顧客情報を表示
ハガキ/宛名ラベル印刷に対応
三角予約時に顧客情報を表示 三角予約時に顧客情報を表示
CTI機能 にじゅうまる電話機や電話回線を変更せずに導入が可能(パソコン/iPad対応) ばつCTI機能の提供なし 三角iPad のみ対応
Web予約ページ 丸自社予約ページを構築可能 丸自社予約ページを構築可能 丸自社予約ページを構築可能
グルメサイトとの連携 丸主要グルメサイトからの通知メールをテキスト解析 にじゅうまる非公式連携により、主要グルメサイトの在庫管理を実現 丸公式連携している一部グルメサイトのみ連携可能
ランニングコスト(1店舗利用時)
  • 月額17,000円 ※1
  • 初期費用0円
  • 最低利用期間3ヶ月
  • ※1 月額内訳:本部費用10,000円+1店舗@7,000円
  • 月額20,000円 ※2
  • 初期費用50,000円 ※2
  • 最低利用期間12ヶ月
  • ※2 CTI機能なしの費用
  • 月額22,000円 ※3
  • 初期費用10,000円
  • 最低利用期間12ヶ月
  • ※3 月額内訳:ベーシックプラン12,000円+CTIオプション10,000円
企業サイト 公式HPで
サービスをもっと詳しく
公式HPで
サービスをもっと詳しく
公式HPで
サービスをもっと詳しく
  予約台帳機能 顧客管理機能 CTI機能 Web予約ページ グルメサイトとの連携 ランニングコスト(1店舗利用時) 企業サイト
リザーブキーパーリザーブキーパー公式HPへ ebica予約台帳ebica予約台帳公式HPへ トレタトレタ公式HPへ
にじゅうまる パソコン/iPad(アプリ)
※どちらも同じ操作で利用可能
丸パソコン/iPad(アプリ)
※iPad 推奨
三角iPad
にじゅうまる予約時に顧客情報を表示
ハガキ/宛名ラベル印刷に対応
三角予約時に顧客情報を表示 三角予約時に顧客情報を表示
にじゅうまる電話機や電話回線を変更せずに導入が可能。(パソコン/iPad対応) ばつCTI機能の提供なし 丸iPad のみ対応
丸自社予約ページを構築可能 丸自社予約ページを構築可能 丸自社予約ページを構築可能
丸主要グルメサイトからの通知メールをテキスト解析 にじゅうまる非公式連携により、主要グルメサイトの在庫管理を実現 丸公式連携している一部グルメサイトのみ連携可能
  • 月額17,000円 ※1
  • 初期費用0円
  • 最低利用期間3ヶ月
  • ※1 本部費用10,000円+1店舗@7,000円
  • 月額20,000円 ※2
  • 初期費用50,000円 ※2
  • 最低利用期間12ヶ月
  • ※2 CTI機能なしの費用
  • 月額22,000円 ※3
  • 初期費用10,000円
  • 最低利用期間12ヶ月
  • ※3 月額内訳:ベーシックプラン12,000円+CTIオプション10,000円
公式HPで
サービスをもっと詳しく
公式HPで
サービスをもっと詳しく
公式HPで
サービスをもっと詳しく

主要な予約管理システム

最近ではさまざまな飲食店向け予約管理システムがありますが、こちらではメジャーな5つのシステムをピックアップしてご紹介しています。各システムの紹介ページでは、特徴や導入した企業の事例を掲載しています。iPad専用のものからパソコンでも使えるものまでありますので、ぜひ予約管理システムの導入を考えている方の参考にしていただき、用途や予算に合ったシステムを見つけていただければ幸いです。

リザーブキーパー

リザーブキーパー

顧客管理に強いシステムを選ぶならリザーブキーパー

リザーブキーパーはCTI機能を最大限に活用したクラウド型の予約台帳システムです。予約登録時には電話番号の手入力が不要となるため、入力ミスを防ぐことができ、使い勝手のよいシステムとなっています。名刺画像をアップロードしてテキスト解析できる名刺取り込み機能や、効果測定機能がついたハガキ・宛名ラベル印刷など、顧客管理機能が充実しています。

運用コストは、店舗が増えるごとに7,000円が加算される仕組みなので、利用する店舗が増えれば1店舗あたりの負担額を減らすことができます。

リザーブキーパーの
CTI機能について詳しく知る

費用(CTIあり・1店舗利用時)
月額費用17,000円
初期費用0円
最低利用期間3ヶ月
導入したオーナーの声
顧客情報を有効活用した細かな接客で来店頻度が向上しました!
マネジメント効率化と生産性アップを実感しています
14種類の帳票で効率的な店舗運用ができています
時間外予約を受けることで売上高が改善されました

トレタ

トレタ

予約台帳機能だけを重視するならトレタがおすすめ

豊富な機能と使いやすさが売りの予約台帳・顧客台帳サービスです。予約台帳、顧客台帳、集計・分析、ウェブ予約で飲食店の売上を向上させます。iPad専用なので素早く操作でき、PC操作が苦手でも手書き入力できるので誰でも簡単に使いこなせます。POSと連携して会計情報を取り込むこともできます。

トレタのシンプルな
予約台帳機能について知る

費用(CTIあり・1店舗利用時)
月額費用22,000円
初期費用10,000円
最低利用期間12ヶ月
導入したオーナーの声
おもてなしに役立つお客様情報が入力でき助かっています
ダブルブッキングがなくなり予約で満席に!
ウェブ予約のコストが減り予約管理も便利になりました
数百人規模の団体予約にもすぐに対応できるので助かります

テーブルソリューション

テーブルソリューション

主にホテル内レストランで利用されている予約管理システム

予約管理、顧客管理、お客様の予約画面が一体となっている予約管理システムで、主にホテル内レストランで多く利用されています。POSデータ連携、グルメサイトからの予約自動取り込み、カード事前決済、キャンセルプロテクションなどもあり、飲食店に必要な機能を網羅しています。

テーブルソリューションの
管理機能を詳しく知る

費用(CTIあり・1店舗利用時)
月額費用17,000円
初期費用128,000円
最低利用期間不明

導入したオーナーの声
お客様情報が入力でき、おもてなしに役立っています
蓄積されたお客様情報を顧客認知に活用
テーブルソリューションの導入で顧客数が1.5倍に!
詳細な顧客情報を全スタッフで共有

レストランボード

レストランボード

ホットペッパーとの連携が特徴の予約管理システム

グルメサイト「ホットペッパー」を展開しているリクルート社が提供している予約管理・台帳アプリで、ホットペッパーからのネット予約連携が最大の特徴。ホットペッパーへの依存度が高い飲食店向けのサービスです。

基本料金無料の
レストランボードについて知る

費用(CTIなし・1店舗利用時)
月額費用0円
初期費用0円
最低利用期間なし
導入したオーナーの声
店が抱える課題も改善できるようになりました
ダブルブッキングがなくなり予約で満席に!
新規予約数が増えスタッフの負荷も軽減された
お客様の好みを簡単に見つけられるようになった

ebica予約台帳

ebica予約台帳

グルメサイトとの連携を重視した予約管理システム

予約登録や変更がカレンダー画面で簡単にでき、リスト化して一覧表示、POSシステムと連携して会計情報を取り込むこともできる飲食店向けWeb予約管理システムです。
予約の登録・来店前の仕事管理・当日の空席管理・お客様情報の保存といった飲食店に必要な基本機能が揃った「ebica lite」もあります。

ebica予約台帳の
予約管理機能について知る

費用(CTIなし・1店舗利用時)
月額費用20,000円
初期費用50,000円
最低利用期間12ヶ月
導入したオーナーの声
シンプル機能で誰でも使えるところが良い
知りたい情報をしっかり取得できるWeb予約
全店で顧客情報共有して心地の良いお店づくり
アルバイトでも1ランク上のサービスが可能になった

ネットを活用した飲食店・レストランの集客術

オーナーシェフが学んだ

ネットを活用した
飲食店・レストランの集客術

ネットを活用した飲食店・レストランの集客術

イタリアンレストランをオープンして3年がたち、経営も軌道にのってきたオーナーシェフ。30代後半になり2号店の出店計画も進行中で順風満帆に見えるのですが、今後、複数店舗を展開していくにあたり、今のタイミングで業務の効率化を進めて今後の展開に備えておきたいと考えていました。

将来的にも業務の改善が必要だと一心発起し、今の問題点を洗いなおすところから始めることに…。

シェフ仲間などにも相談した結果、予約管理システムの導入やGoogleのシステムや各種SNSを活用した集客術があると知り、徹底的に調査してみました。

グルメサイトに頼らない
飲食店運営を目指して

お客様が飲食店を選ぶ時にはグルメサイトを見て選ぶことが当たり前となっているため、グルメサイトと契約している飲食店も多いのですが、再来店してもらえない、常連客がこなくなってしまう、口コミなどの情報が信用できないなど、集客に関しての問題もあります。予約管理システムを導入すれば、グルメサイトに依存しない集客が可能です。

店舗ホームページの活用術

予約電話を受けた時に紙のメモやノートで予約管理をしている飲食店は多いですが、予約ミスやトラブルの元になっています。予約管理システムを導入することで予約内容を正確に記録するだけでなく、顧客情報を蓄積でき、しっかりとした予約管理ができます。ほとんどの予約管理システムが外部グルメサイトと連携しているのでグルメサイトからの予約も取り込むことができ、グルメサイトへの課金コストも削減できます。

Googleに表示される
店舗情報を有効活用

Googleが無料提供している店舗情報(ビジネスリスティング)システム「マイビジネス」の主要機能は、正確な店舗情報をGoogle上に掲載できる、お店の場所をGoogle mapに表示できる、閲覧数・クリック数・新規フォロワー数などを取得できる、口コミに返信できる、店内をバーチャルツアーで見てもらえる、の5つです。

DMを活用した
飲食店のマーケティング

飲食店で新規客を獲得するには、再来店客(常連客・リピーター)維持の5倍から10倍のコストがかかるといわれます。再来店客維持は飲食店を繁盛させるポイントです。顧客管理のための分析方法RFM分析を活用して常連客だけにDMを送る仕組みがある予約管理システムもあり、効果的なマーケティングを行うことができます。

名刺交換による
顧客情報収集術

もう一度お店に来店してもらうためには、まずお客様の連絡先を知ることが先決です。お客様の情報を集めるにあたり、もっとも手軽な手段はお客様の名刺。予約管理システムに名刺管理機能があれば、名刺をスキャンするだけで顧客情報として蓄積することができます。この機能があれば、忙しい業務の合間でも手間をかけずに顧客情報を収集できます。

アンケートによる
顧客情報収集術

飲食店におけるアンケートはお店の欠点を発見し、長所を伸ばすために有益な方法です。アンケートを上手く活用すれば、お客様の顧客情報収集を始め、お店の評価やスタッフの士気を上げるためのヒントを与えてくれます。一般的には紙を使ったアンケートが多いですが、最近はスマホアプリやSNSを利用したアンケートも増えています。

飲食店での
顧客管理の重要性

飲食店の売上をアップして繁盛させるためにはお客様のリピート率を上げ、常連客を増やすことが重要です。お客様がお店を気に入り、定期的に利用してもらうリピーターになってもらうことは、飲食店の安定した経営のために重要な要素です。常連客を効率的に獲得するには、顧客情報を上手く活用できる予約管理システムの導入がおすすめです。