飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » 予約管理システムとは? » 予約管理システムの運用コスト比較

予約管理システムの運用コスト比較

こちらではおすすめの予約管理システム5製品について運用コストを比較します。

予約管理システムの運用コストってどのくらい?

飲食店向けの予約管理システムを導入したいと思っている方は製品の機能だけでなく、運用コストがどのくらいかかるのかについても気になるのではないでしょうか。

そこでこのサイトでおすすめの予約管理システム5製品について運用コストを比較してみました。

店舗の設定条件として、店舗の席数は50席、CTI機能を利用する前提で、1店舗で運用した場合と10店舗で運用した場合のコストについて比較していますので、予約管理システム導入を検討する際の参考にしてみてください。

CTI機能のないサービスはその旨、記載しています。

おすすめ5製品の運用コスト

一定条件(CTIもしくはCTIに相当する機能の利用、1店舗の場合と10店舗の場合)を課した状態で運用コストを比較したところ、リザーブキーパーにアドバンテージがありました。

リザーブキーパーは初期費用が0円という部分も大きいですが、月額費用のうち本部費用の10,000円は店舗数に関わりなく固定で、店舗が増えるごとに店舗利用料金の7,000円が加算される仕組みなので、利用店舗が増えれば増えるほど、1店舗当たりの負担額が軽減します。本サイトで紹介している予約管理システムの中では抜群のコストパフォーマンスと言えるでしょう。

リクルートが提供するレストランボードは、月額費用・初期費用ともに0円ですが、機能追加した場合のオプション費用が発生しますが、料金を公表していません。またグルメサイト「ホットペッパー」の利用が前提となるため、利用の際はこれらの点を留意した方がよいでしょう。

リザーブキーパー(株式会社エアネット)

運用コスト 月額費用:17,000円
初期費用:0円
内訳 本部費用:10,000円(1企業)
店舗利用料金:7,000円(1店舗ごと) ※CTI利用料金込み
初期費用:0円(あふれ呼対策オプション利用時のみ500円)
あふれ呼対策 従量課金: 10円/1通話ごと 15円/SMS送信ごと
運用コスト 月額費用:80,000円
初期費用:0円
内訳 本部費用:10,000円(1企業)
店舗利用料金:7,000円(1店舗ごと) ※CTI利用料金込み
初期費用:0円(あふれ呼対策オプション利用時のみ500円)あふれ呼対策 従量課金: 10円/1通話ごと 15円/SMS送信ごと

トレタ(株式会社トレタ)

運用コスト 月額費用:22,000円
初期費用:10,000円 ※トレタフォン(CTI)の初期費用
内訳 月額基本料金:12,000円(ベーシックプラン)
※POS連携グルメサイト予約取込などを実装した上位料金プラン「プラス」もあり
トレタフォン(CTI)月額利用料金:10,000円
トレタフォン(CTI)初期費用:10,000円
運用コスト 月額費用:220,000円
初期費用:100,000円 ※トレタフォン(CTI)の初期費用
内訳 月額基本料金:12,000円(ベーシックプラン)×10
※POS連携グルメサイト予約取込などを実装した上位料金プラン「プラス」もあり
トレタフォン(CTI)月額利用料金:10,000円×10
トレタフォン(CTI)初期費用:10,000円×10

テーブルソリューション(株式会社VESPER)

運用コスト 月額費用:20,000円
初期費用:158,000円
内訳 月額基本料金:15,000円(1店舗・31席~100席)
初期費用:70,000円
CTI月額利用料金:5,000円 ※電話番号を変更しない場合
CTI初期費用:88,000円 ※電話番号を変更しない場合
※システムの月額基本料金・初期費用は店舗数(30席以下・31席~100席・100席以上)により異なります。
運用コスト 月額費用:200,000円
初期費用:1,580,000円
内訳 月額基本料金:15,000円(1店舗・31席~100席)×10
初期費用:70,000円×10
CTI月額利用料金:5,000円×10 ※電話番号を変更しない場合
CTI初期費用:88,000円×10 ※電話番号を変更しない場合
※システムの月額基本料金・初期費用は店舗数(30席以下・31席~100席・100席以上)により異なります。

レストランボード(リクルート)

運用コスト 月額費用:0円
初期費用:0円
内訳 基本機能は無料だが機能追加は有料(具体的な料金は不明)
リクルートの運営する「ホットペーパー」のサービス利用が前提となり、料金はホットペーパーからの請求になる。
運用コスト 月額費用:0円
初期費用:0円
内訳 基本機能は無料だが機能追加は有料(具体的な料金は不明)
リクルートの運営する「ホットペーパー」のサービス利用が前提となり、料金はホットペーパーからの請求になる。

 ebica予約台帳(株式会社エビソル)

運用コスト 月額費用:20,000円
初期費用:50,000円
内訳 月額運用費:20,000円
初期導入費:50,000円
運用コスト 月額費用:200,000円
初期費用:500,000円
内訳 月額運用費:20,000円×10
初期導入費:50,000円×10
オフィシャルサイトに「契約店舗数によりご相談」との記載があるため、運用コストが異なる場合があります。詳しくは株式会社エビソルにお問い合わせください。

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る