飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » 予約管理システムとは? » 予約の無断キャンセル「ノーショー(No Show)」への有効な対策法

予約の無断キャンセル「ノーショー(No Show)」への有効な対策法

こちらでは予約の無断キャンセルを防ぐことができる顧客管理システムや予約キャンセルデータベースなどのノーショー対策について解説します。

無断キャンセルを防ぐCTI

飲食店経営者の頭を悩ませる予約の無断キャンセル、業界内では「ノーショー(No Show)」と呼ばれ死活問題にもなっています。特に忘年会・新年会・歓送迎会などの団体予約を無断キャンセルされてしまうと売上が上がらないだけでなく、用意した料理がムダになり、多くの空席も出るなど大損害になってしまいます。

この無断キャンセルの被害を極力防ぐために、最近では予約システム、特にCTI機能を利用した顧客管理システムを活用する飲食店が増えています。

ネットや電話の予約は簡単にできることがメリットですが、予約したことをすっかり忘れてしまうお客様も多いようです。CTIを利用すれば予約情報を視覚的に見ることができるので前日に確認メールを送信して予約忘れのドタキャンを防いだり、それぞれのお客様に合わせてカスタマイズされたメッセージを入れたメールを送ったりすることで、ドタキャンしにくいような対策をすることができます。

電話着信時に顧客情報を表示する
「CTI機能」の有効性について

過去のノーショー履歴を表示

2018年早々には着信時のCTI画面に過去のノーショー履歴をイエローカード、レッドカード等のアイコンで表示できる機能が発表される予定のサービスもあり、これによって着信時に過去にノーショー履歴があるお客様かどうかを把握しての対応が可能になります。

お見舞金制度でドタキャンを防止

ノーショーや災害時に見舞金を出す「お見舞金制度」を提供しているサービスもありますが、Webからの予約のみが対象となるため、予約の大半を占める「電話予約」にはあまり効果的とは言えません。

予約キャンセルデータベースとは?

予約の無断キャンセルを防ぐために「予約キャンセルデータベース」を利用している飲食店もあります。これは予約をキャンセルしたことがある人の電話番号を調べることができる店舗間共有のデータベースサービスです。無断予約者のブラックリストのようなもので、予約者の電話番号がデータベースに登録されているかどうかを検索して確認し、予約キャンセルのリスクを減らすことができます。 ただ電話番号を画面上に手入力して検索しなければならないので手間がかかり、データベースには誰でも勝手に登録できるので正確性にも問題があります。

予約する側にとっては安易なキャンセルかもしれませんが、お店にすれば経営を左右するくらい大事なことです。キャンセルを事前に連絡しないことは人としてのマナーに反するというだけでなくお店側に大きな迷惑を与えるということも良く考慮する必要がありますね。

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る