飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » オーナーシェフが学んだネットを活用した飲食店・レストランの集客術 » DMを活用した飲食店のマーケティング

DMを活用した飲食店のマーケティング

こちらではDM(ハガキ・ラベル印刷)を活用した飲食店のマーケティングについて解説します。

飲食店を繁盛させるには顧客情報を活用する

飲食店のお客様には新規客と再来店客(リピーター・常連客)がありますが、新規客を獲得するコストと再来店客を維持するコストは大きく違い、新規客は再来店客の5倍から10倍のコストがかかると言われています。再来店客を維持することは飲食店を繁盛させるポイントといっても良いでしょう。

お客様が離れる割合を顧客離反率と言いますが、他の業種にくらべると飲食業界の顧客離反率は最も高く初回の離反率が50%以上、3回では80%以上となっています。これは新規のお客様が10人来たとすると、2回目に来店するのは5人、3回目は多くても2人ということになり、初めてのお客様にもう一度来てもらうことがとても重要になります。そのためには顧客情報を上手く活用する必要があります。

最優先すべきお客様を見つけるRFM分析

顧客を管理するための基本的な方法としてRFM分析という手法があります。顧客情報を分類する考え方は最優先するべきお客様を見つけることで、これには3つの基準があります。

R(Recency / 最新来店日)

再来店は最近日付であるほど高い。半年前に来店したお客様より先週来店したお客様のほうが再来店の確立が高いです。

F(Frequency / 累計来店回数)

利用日時が同じなら利用回数の多いお客様が再来店の確立が高い。同じ日時に来店されたお客様なら、過去の来店回数の多い方のほうが再来店率が高いです。

M(Monetary / 累計利用金額)

来店日時が同じで利用回数も同じだった場合は累計利用金額が高いほど再来店の可能性が高くなります。

DMを活用したマーケティング

RFM分析に従ってお客様の優先度を分類してDMを送ることで効果的なマーケティングを行うことができます。来店してくれなそうなお客様にはDMを送らず最も来店してくれそうなお客様にだけDMを送って来店を促すことで無駄なコストを減らすことができます。

これまで顧客情報はエクセル管理や筆まめなどで管理されるのが一般的でしたが効果的な抽出ができませんでした。最近ではRFM分析などを活用して「効果のでる」顧客にだけDMを送付する仕組みがあるリザーブキーパーなど、予約管理システムの顧客管理を利用することで簡単に効果的なマーケティングを行えるようになってきています。

◄ 前の記事
Googleに表示される店舗情報を有効活用

次の記事 ►
名刺交換による顧客情報収集術

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る