飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » オーナーシェフが学んだネットを活用した飲食店・レストランの集客術 » Googleに表示される店舗情報を有効活用

Googleに表示される店舗情報を有効活用

こちらではGoogleの検索結果に表示される店舗情報(ビジネスリスティング)やGoogleマイビジネスの活用方法について説明します。

Googleの店舗情報(ビジネスリスティング)を活用する

インターネットで飲食店を探しているとGoogleマップに店舗のアイコンが表示されますが、これはGoogleが提供している店舗情報(ビジネスリスティング)です。

お店のHPを見て沢山のお客様が来てくれるように頑張ってHPを作ってネットに公開しても、検索結果で上位に表示されなければほとんど見てもらうことができません。リスティング広告なら上部の広告掲載枠に出せますが費用がかかってしまいます。なるべくお金をかけずにインターネットで集客をしたい場合はGoogleが無料提供しているGoogleマイビジネスの活用がおすすめです。

Googleマイビジネスの利用には、Googleのアカウントを取得し、さらにオーナー登録が必要ですが、前述の通り、Googleの検索結果やGoogleマップ上に店舗の情報(住所・URL・電話番号・営業時間など)表示させて店舗をアピールすることができます。店舗ホームページのURLを登録するだけで、googleを利用するユーザーを店舗ホームページへの流入させることができるので、店舗ホームページを使った集客や予約ページを活用したいオーナーさんにはぜひ利用していただきたい機能です。

そのほか、Googleマイビジネスでは店舗の外観・内観や料理の写真などを登録したり、お客様からの口コミを掲載・管理することもできます。

近年、パソコン・スマートフォンを問わず、Googleを利用してダイレクトに店舗名で検索したり、地域+料理のジャンルで検索したりするケースが増えていますが、検索結果のトップには、ほぼ確実に店舗情報(ビジネスリスティング)が表示されます。この結果から見ても、従来のグルメサイトの重要性は以前より低下していると言えます。

Googleマイビジネスでビジネスリスティングを活用する

Googleマイビジネスを利用して店舗の住所や電話番号、営業時間、ホームページURLなどの店舗情報を登録しておくとGoogleマップやGoogle検索に情報を掲載することができます。以下ではGoogleマイビジネスの登録方法を解説しています

  1. Googleアカウントを取得する
    Googleアカウントを持っていない場合や、ビジネス用として新規のGoogleアカウントを作りたい場合は、Googleホームページから新規にアカウントを作成します。
  2. Googleマイビジネスにログインする
    Googleマイビジネスのホームページにアクセスし、Googleアカウントを使用してログインします。店舗情報の登録を行うにはオーナー登録を済ませる必要があるので、利用規約に同意し、Googleの指定する方法(電話もしくは郵送)を選択し、確認コードを受け取る手続きを行います。
  3. Googleから発行された確認コードを入力する
    Googleマイビジネスから発行された確認コードを指定のWebサイトで入力するとオーナー登録が完了します。
  4. Googleマイビジネスに店舗情報を登録する
    オーナー登録が完了すると、店舗情報(店名・カテゴリ・住所・営業時間・電話番号・ウェブサイトなど)などの編集や写真の追加、クチコミの管理などが行えるようになります。カテゴリを飲食店にした場合のウェブサイトの登録では、メニューのURLや席予約のURLも登録できるので、メニューなどを掲載した店舗ホームページや独自のWeb予約ページを持っている場合は、お客様を効率的に誘導することができます。
  5. ◄ 前の記事
    店舗ホームページの活用術

    次の記事 ►
    DMを活用した飲食店のマーケティング

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る