飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » オーナーシェフが学んだネットを活用した飲食店・レストランの集客術 » スタンプカードアプリを活用した飲食店の集客術

スタンプカードアプリを活用した飲食店の集客術

スタンプカードアプリを活用した飲食店の集客術について、成功例を聞いたことはないでしょうか。このページでは、スタンプカードアプリを使った実際の集客術について説明します。スタンプカードアプリの種類を紹介し、飲食の予約システムと連動できるかどうかも説明します。スタンプカードアプリを使った集客術の具体的な方法やこの集客術のメリット・デメリットを紹介しますので、自分の店舗に合っているアプリの導入を検討してみてください。

スタンプカードアプリを活用した飲食店の集客術

アナログ式のスタンプカードを導入している飲食店も多いのではないでしょうか。来店するたびコツコツスタンプがたまって、特定のサービスや割引クーポン券ももらえる達成感があり、お客様が常連化してくれるメリットがあります。

しかし、スタンプカードは財布の中にあふれてしまいがちで、財布の中を整理するときにリストラ対象となってしまったり、紛失するリスクも…。そこで生まれたのが、スタンプカード機能を提供するスマホのアプリ。これならなくす心配がなく、着実にポイントがためられるため、お客様側はより有効活用しやすくなります。飲食店の集客術のひとつとして、スタンプカードアプリを活用した飲食店の集客術について説明しましょう。

スタンプカードアプリの種類

スタンプカードアプリは、いろいろな種類がリリースされていて、それぞれに個性があります。ここでは、カードアプリを以下の5種類ピックアップして、その機能について簡単に整理しましょう。

順番に特徴を説明します。

《LINE@》

LINE@は、単なるスタンプカードアプリだけには留まらない、多機能な広告宣伝用アプリです。日本でもっとも多くの人が利用しているSNSであるLINEと連動でコミュニケーションを取れることが最大の強みで、クーポン券の配布やアンケート機能など、店舗の広告宣伝に使いたくなるあらゆる機能が備わっています。

スタンプカード相当の機能はLINE@では「ショップカード機能」という名称で、スタンプの総数・達成個数ごとのボーナス設定ができます。カードを取得したときに最初のスタンプをサービスする機能や、ランクアップカードを作成する機能もあり、常連客に対するサービスも充実。来店したお客様はQRコードを読み取ってポイントをためていきます。

ショップカードの利用状況なども把握できますので、すでにLINEを集客のツールとして利用しているなら、ショップカード機能はすぐにでも導入したい機能です。

《Stamps(スタンプス)》

スタンプスは、スタンプをためるたびに、パズルの1ピースがたまっていくような感覚になるユニークなスタンプカードアプリ。ランクアップ機能もあるので、常連客に手厚いサービスになっています。スタンプは、LINE@と同様QRコード読み取り式です。LINEなどのSNSと連動したクーポン券の発券もできます。初期費用は要問い合わせ。

《Tapstamp(タップスタンプ)》

タップスタンプの特徴は、アナログのショップカードのように、スマホの画面に専用のスタンプを押す機械をペタンと押し付けてスタンプをためていく点。スタンプをもらった、という感じがお客様に伝わりやすい点は、個性的で魅力があります。

タップスタンプの魅力はもうひとつあって、お客様側はアプリをダウンロードするなど前準備が不要です。ただスマホを出してもらってそこにポンとスタンプを押すだけなので、お客様にも受け入れてもらいやすいですよ。ただし、店舗側は初期費用に80万円以上かかります。

《Stamp(スタンプ)》

スタンプも、タップスタンプと同じようにスタンプを押す道具を使ってスタンプを提供する形のスタンプカードアプリです。スタンプをただ押すだけでなく、ゴールまで行って特典を利用した後は、特典獲得済みであることを示して、何度も同じ特典を受け取れないようにした機能も備えています。複数店舗共通のスタンプーカードを作って共同の懸賞企画などができますので、複数店舗を持っている飲食店オーナーには特におすすめ。初期費用がかからない点も魅力ではないでしょうか。

《SCOPP(スコップ)》

スコップは、ここまで紹介してきたスタンプカードアプリとはかなり違う個性を持ったアプリです。Facebookと連動していて、ユーザーはスコップのアプリをダウンロードし、店内で写真を撮影してFacebookにアップするとそれがそのままスタンプとなります。QRコードや専用機器の準備が要らないタイプのアプリで、初期費用も不要です。Facebookでの広告宣伝に力を入れている飲食店オーナーには特におすすめします。

スタンプカードアプリを利用した集客術のメリット・デメリット

スタンプカードアプリを利用した集客術のメリット・デメリットをまとめてみました。

《メリット》

《デメリット》

スタンプカードアプリの大きなメリットは、それだけで顧客管理ができることです。顧客の年齢層や来店客数の多い日・少ない日が分かるため、経営戦略のヒントとして活用しましょう。

デメリットについては、費用無料のアプリを選ぶなど、アプリの選び方で解消できる問題ですので、自分の店舗に合ったアプリを選びましょう。

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る