飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » オーナーシェフが学んだネットを活用した飲食店・レストランの集客術 » アンケートによる顧客情報収集術

アンケートによる顧客情報収集術

こちらではお客様にアンケートを実施して顧客情報に追記していくことで、お客様情報が充実し集客につながることについて解説し、飲食店のアンケート例についても紹介しています。

飲食店におけるアンケートの目的

飲食店の長所を伸ばし欠点を少なくするためにアンケートは有効な手段です。アンケートの目的にはお店の評価、販売促進、顧客情報の収集、お店の士気を上げる、があります。

アンケートの方法

飲食店では紙を使ったアンケートが多いですが、最近はスマホやパソコン、直接のコミュニケーションも増えています。

紙のメリットは費用がかからず情報収集もしやすいですが、処理にコストがかかるというデメリットがあります。スマホ・パソコンなどの電子機器のメリットは費用をかけずに手軽にでき、データをデジタル化できること、デメリットは導入時と故障時に費用がかかることです。直接のコミュニケーションのメリットは直接聞けるので内容が正確で費用も人件費のみであること、デメリットはスタッフによって能力が違うことと効率的でないことが挙げられます。

アンケートの集計とデータの蓄積

アンケートを実施した後は集計しデータを蓄積する必要があります。集計したアンケート結果はグラフなどで可視化することで内容が把握しやすくなりの全体的な傾向も見やすくなります。 収集した顧客データは顧客情報に蓄積しDMなどの販売促進に利用することで集客率を上げることができます。

飲食店のアンケート例

  1. 性別をお聞かせください。
    男/女
  2. 年齢をお聞かせください。
    10代 / 20代 / 30代 / 40代 / 50代 / 60代 / それ以上
  3. 当店を何で知りましたか?
    情報サイト / 雑誌 / テレビ / 新聞 / ラジオ / ホームページ / SNS・ブログ / 家族・友人・知人 / 通りがかり
  4. ご来店の理由をお聞かせください。
    話題になっている / 自宅や職場から近い / 交通アクセスがいい / 価格 / 営業時間 / 料理がおいしい / メニューが充実している / ネットの口コミ / お店の雰囲気 / 子連れ来店しやすい / 以前利用してよかった / その他
  5. 何回目のご来店ですか?
    初めて / 2回目 / 3回目以上
  6. ご来店頻度はどのくらいですか?
    ほとんど毎日 / 1週間に2~3回 / 1週間に1回 / 1ヶ月に2~3回 / 1ヶ月に1回 / 半年に1回 / 1年に1回 / それ以下
  7. どなたとご来店しましたか?
    1人 / 恋人と2人 / 配偶者と2人 / 友人・知人と / 子連れの家族 / 家族
  8. 満足度をお聞かせください。 ※それぞれの項目を(非常に満足 / 満足 / 普通 / やや不満 / 不満)でチェック
    料理の味・メニュー数・料理の出てくる早さ・価格・お店の清潔感・お店の雰囲気・スタッフの対応・アクセスの良さ
  9. 何かご意見・ご要望がございましたらお聞かせください
    アンケート内にお客様側が自由に記入できる場所を用意しましょう
  10. クーポンや新作情報などお得情報をメール配信しております。ご希望の方はメールアドレスをご記入ください。
    アンケート内にお客様のメールアドレスが記載できる場所を用意しましょう

◄ 前の記事
名刺交換による顧客情報収集術

次の記事 ►
飲食店での顧客管理の重要性

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る