飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » オーナーシェフが学んだネットを活用した飲食店・レストランの集客術 » テイクアウト事業のPR方法と注意点

テイクアウト事業のPR方法と注意点

このページでは、飲食店がテイクアウト事業を展開する際のPR方法や注意点について紹介しています。テイクアウト事業を検討しているお店はもちろん、すでに実施しているお店でも役に立つ情報を掲載していますので、ぜひご覧ください。

「テイクアウト」をPRする方法

SNSの活用

事業を展開するにあたり、まず大事なのは、その事業を知ってもらうこと。すなわち、PR活動をいかに行っていくかが事業を軌道に乗せるために大切なポイントとなります。昔であれば折り込みチラシやポスター、ポケットティッシュなどのコストがかかる印刷物、販促物がメインでしたが、現在であればSNSを上手に活用することで、お金をかけずにPRを行っていけます。TwitterやInstagram、Facebookなど、各種SNSでお店のアカウントを作成し、運用していくようにしましょう。それを店舗のお客さんや見込み客となる層にアピールしていくことで、有力な販促ツールとなり得ます。

SNSには美味しそうな料理の写真を掲載していく他、グーグルの店舗情報には「テイクアウト/デリバリー」の表記を行うなど、テイクアウトを実施していることを認知してもらうことが大切です。また、SNSの更新はできるだけ頻繁に行っていくようにしましょう。それによって、人の目に触れる機会が増えます。

ポスター、ポップ、チラシなどの活用

もちろん、ポスターやポップの存在も重要です。お店の中にポップなどを張っておけば、お店に来る方にはテイクアウト事業をダイレクトにアピールできます。その際、どんなものをテイクアウトできるかを明記しておくことも大事になります。

また、SNSの場合、フォローをしてもらうための導線が必要です。紙媒体にSNSへリンクさせるQRコードをつけておくことで、スムーズなフォローへと導くことができます。

グルメサイトの利用

お店の情報を入手するのに、グルメサイトを活用する人は非常にたくさんいます。そのため、グルメサイトのお店ページにもテイクアウトについて明記しておくようにしましょう。

テイクアウトを導入する際の注意事項

テイクアウト事業を行う際には、気を付けなければいけないことがいくつかあります。まずは、調理や販売について。調理は短時間で行い、調理したメニューは衛生的な場所・適切な温度下で保管し、販売するようにしましょう。そして、購入してもらった料理はできるだけ早く食べてもらうよう伝えてください。そして、アレルゲンや消費期限も明確に伝えましょう。また、運搬にこぼさないよう注意した上で、こぼれにくい入れ物や袋に入れて提供するようにしてください。食中毒はもちろん、運搬中のトラブルなどもできるだけ防ぐ努力をすることが大切です。

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る