飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » 商売繁盛!飲食店向けの予約管理システム紹介 » エアリザーブ

エアリザーブ

こちらでは、エアリザーブを実際に導入した企業の導入事例についてご紹介します。

エアリザーブの導入事例

視覚的にわかりやすいので分散予約が可能となりました

エアリザーブを導入してから、こちらからは接点が取りにくいお客様が自ら予約を入れてくださるようになったので、全体の予約数がかなりアップしました。しかも、予約の際にお客様の希望を要望欄に入力してもらうことで、来店前からお客様への案内内容が把握できるようになったため業務効率がアップしたと感じます。

また、予約を入れる時点でお客様が全体の予約状況を確認できるので、分散予約が可能となった点もメリットだと思います。長期休暇や年末など、混雑する時期をお客様自らが避けてくれるようになったのです。このことでご来店いただいてからの待ち時間が短くなり、結果的にお客様満足度の向上にも繋がりました。(地方銀行)

予約方法に関わらずエアリザーブで一元管理ができます

現在、エアリザーブでの予約率は全体の2割程度と、それほど高くはありません。当店では、LINE予約や電話予約、来店時の予約の方も多いですから。ですが、どちらにしても予約台帳で一元管理ができなくてはなりません。その点、エアリザーブがあれば、全ての予約状況を全て管理することができます。さらに、自宅にいてもインターネットから予約の管理ができるのは大変便利です。

エアリザーブの予約タイプは「自由受付」にしていますが、お客様が好きな時間に予約を入れることができ、業務中に予約中の電話を取る手間が省けたことで、業務効率化に繋がっていると感じます。また、営業時間外でもお客様自身で予約を入れることができるので、当店の利用機会を逃さないためにも役立ってくれています。(鍼灸院)

キャンセル受付も逃さず業務がスムーズになりました

エアリザーブを導入した理由は、無料で利用できるという点に魅力を感じたからです。導入する方法も非常に簡単だったので、特に問題なく予約システムを使い始めることができました。予約システムを導入してみたいけど難しそう、ハードルが高そう、と感じている方にとっては、非常に魅力のあるシステムだと思います。

今までは、予約の管理が雑多になっていて、予約をせずに来院される方もいたため、適切な診療時間が取れないことが悩みとなっていました。ですが、エアリザーブを導入してからは全てが解決して、非常にスムーズに診療が進んでいます。

また、電話を取ることができなかったためキャンセルが受け付けられなかった患者さんに関しても、ネットから自由にキャンセルすることができるようになって、無駄のない診療予定が組めるようになった点が大きなメリットです。(クリニック)

お客様の全体数とコミュニケーションの時間がアップ

紙媒体での予約管理はどうしてもミスが起こりやすいので、予約システムを導入したいと思ったのがエアリザーブを導入したきっかけでした。実際に使い始めてみると、24時間いつでも予約を受け付けている状態なので、お客様の全体数が大幅にアップしたと感じます。

また、当初、予約管理の一元化機能に興味を持っていたのですが、実際に予約の管理は非常に楽になり、スタッフ間で予約情報を共有できる点が助かっています。予約に関する事務管理に割く時間が短くなったお陰で、お客様とのコミュニケーションの時間も以前より増加。今や欠かせないツールです。(トレーニングジム)

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る