飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » 商売繁盛!飲食店向けの予約管理システム紹介 » Orange Reserve(株式会社フォーバル)

Orange Reserve(株式会社フォーバル)

このページでは、予約管理から顧客データの作成、マーケットリサーチも行える便利な予約管理システム、Orange Reserve(オレンジリザーブ)の特徴や機能について解説しています。

煩雑な予約業務を効率化して業績アップに繋がる予約管理システムとは

予約管理システムとは、タブレットやスマートフォンに専用のアプリをインストールすることで、店舗の予約業務をコンピューターシステムで一元管理し、業務効率化することができるシステムのことです。導入により予約業務を効率化して業務のスピード化が図れることはもちろん、人的ミスを防止したり、予約のキャンセル対策・顧客情報の収集も行えたりとさまざまなメリットが得られます。

これから紹介するOrange Reserve(オレンジリザーブ)も、そんな予約管理システムの一つです。

Orange Reserve(オレンジリザーブ)の特徴

予約管理から顧客データの作成までなんでもできる

Orange Reserveは、飲食店・レストラン予約システム・予約管理システムと銘打っていますが、単に予約業務を効率化するだけのアプリではなく、他の便利な機能を一つに集約した便利システムの総合商社です。

電話やメール、Webからの予約を一元管理できることはもちろん、空席状況を素早く確認して座席を確保したり、姉妹店など他店舗の空席を調べて予約、当日の予約表を1タップで印刷、新規予約時に顧客名を登録するだけでデータが作れるといった便利機能に加え、自動顧客データベースシステムもあります。

これだけでも十分ですが、さらに時間別混雑状況の確認、事前連絡リストの自動作成、予約確認SMS送信機能も搭載しています。まさに一人で何役もこなす多機能なシステムアプリです。

売れ筋などマーケットリサーチも素早くできる

実体のある商品を販売するタイプのサービス業では、事業を継続させるため絶えず売れ筋などのマーケットリサーチが欠かせません。今回何がどれだけ売れたか、今後は何が売れ筋になるか、ならないかなどの市場の動静を確認しなければ、次に揃えるべき商品が分からないからです。

Orange Reserveを導入すればこの問題をクリアすることができます。なぜならこの予約管理システムアプリは予約業務を簡便化するだけでなく、ABC分析を用いた詳細な売れ筋商品の把握をスピーディーに行うことが可能だからです。また、すでに販売した商品の中で、何がどれだけ売れたかの個数確認も行えます。

実際にこの機能を店に導入して業績を上げることに成功した業者もあり、早期にアナログオペレーションを脱却し、効率的なオペレーションを実現することがいかに大切かを教えてくれる良き教材となっています。

こんな店舗におすすめ

Orange Reserve(オレンジリザーブ)の導入がおすすめな業種は、人と物が目まぐるしく動き、お客さんの予約・注文・会計など、予約業務と注文処理が煩雑になりがちな、居酒屋やレストランなど飲食店です。

特に、紙や手書きなどアナログオペを排して一連の処理をシステム化したい、リアルタイムでデータ管理がしたい、スタッフの人件費を抑えたい、最新のシステムを導入して予約管理業務をスピードアップさせたい店などにイチ押しのシステムアプリといえます。

「Orange Reserve(オレンジリザーブ)」の口コミ・評判

自宅にいても予約が取れる便利で有難いシステムです

飲食店を経営していますが、導入前は、営業時間外にかかってきた予約電話を自宅に転送することはできても、結局は店に行かないと予約状況の把握ができず、機会損失を増やしっぱなしという課題がありました。

しかしオレンジリザーブを導入してからというもの、自宅にいても予約が取れるようになり、機会損失を大幅に減らすことができました。とても便利で有難いシステムです。

Orange Reserve(オレンジリザーブ) 機能対応表

ホームページ制作 不明
予約 新規予約受付・予約確認・予約台帳印刷・予約検索・変更・仮予約受付・仮予約検索・確定、など。
アクセス解析 不明
クーポン 不明
月額費用 9,800円(1アプリ)
初期費用 記載なし
最低利用期間 記載なし

会社情報

サービス名 Orange Reserve(オレンジリザーブ)
会社名 株式会社 フォーバル
問い合わせ 平日9:00~18:00

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る