飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » 商売繁盛!飲食店向けの予約管理システム紹介 » リザーブキーパー(株式会社エアネット)

リザーブキーパー(株式会社エアネット)

こちらではリザーブキーパーのサービス特徴や機能について紹介しています。

CTI機能を最大限に活用できる!顧客管理に強いリザーブキーパー

リザーブキーパーは、店舗の電話と連動して着信と同時にお客様を自動表示する「CTI機能」を最大限に活用したクラウド型の予約管理・顧客管理システムで、1,000店舗以上の飲食店で導入されています。

iPadのみでの利用を前提としたサービスが多い中、リザーブキーパーではiPadアプリに加えて、パソコンでも同じ操作感で利用可能。同時ログインできる台数に制限はなく、どのデバイスからでも予約台帳画面に予約情報を登録するだけで、自動的にお客様の情報が蓄積され、顧客台帳が作成されます。

サービスの特徴である「CTI機能」は、予約台帳システムと電話を連動させることにより、着信時の発信者番号を取得して、保存されたお客様の名前や予約状況などを着信時に自動表示してくれる機能です。常連のお客様や現在予約中のお客様に対して、「お名前での声がけ」によるおもてなしが可能になるので、お電話をいただいたお客様に好印象を与え、リピート来店率をアップすることができます。

また、予約台帳へ予約を登録する際に電話番号を手入力する代わりに、表示される着信番号から選択して入力できるため、「連絡先の聞き間違い」や「入力間違い」を防ぎ、他の予約台帳サービスに比べて、予約登録にかかる手間を大きく軽減することができます。

「話し中」 などで出られなかった電話に対しては、自動音声メッセージを流せる 「あふれ呼対策」 というオプションサービスもあり、予約ページのURLをショートメッセージで自動送信してネット予約へ誘導したり、発信者番号を取得して折り返しを行うことで、予約の取りこぼしを防ぎ、売上アップに貢献することができます。CTIとセットで利用することで「つながった電話」「つながらなかった電話」どちらにも対応することが可能になります。

登録した顧客情報に対して、ハガキや宛名ラベルを印刷できる機能もあり、ご来店いただいたお客様へ再来店を促すDMを送ることができます。効果測定機能も実装されており、送付したDMに対してどれくらいの来店があったのか、自動的に集計を行い、費用対効果を確認することができます。お客様と名刺交換した際には、名刺画像をアップロードするとテキスト解析して勤務先や住所などの情報を自動的に取り込み、DM送付先として追加することもできます。

電話予約だけでなくネット予約にも対応しており、送客手数料がかからない日本語・英語対応のネット予約ページが標準で利用できるほか、様々なグルメサイトからのネット予約も通知メールを解析した取込が可能で、電話予約、ネット予約の一元管理が実現できます。

震度7クラスの地震にも耐えられるという国内データセンターを利用したサービス基盤は、サーバー機器を完全二重化構成で構築しているそうなので、セキュリティ対策も万全です。また予約台帳サービス提供会社の中では唯一、情報セキュリティ認証の国際規格「ISO/IEC 27001(JIS Q 27001)」を取得しています。

リザーブキーパーの特徴

CTI機能と連動していることで、予約台帳への予約登録や変更の作業が、圧倒的にスムーズになります。店舗へかかってくる電話の半分以上は「予約の変更やキャンセル」だといわれていますが、こうしたお電話に対して予約日や予約名を電話口で確認することなしに、ワンクリックで変更画面へ移動して変更完了できるようになります。

また、確実に連絡がとれる正しい電話番号が取得できることで、電話番号をキーとした顧客情報の紐づけが確実になるほか、来店前の確認などで連絡がつかないリスクが減り、ノーショー(無断キャンセル)の削減にもつながります。

デジタル管理が進む一方で、「紙」の役割を重視しているのもリザーブキーパーの特徴です。当日の受付表として活用できる「予約リスト」や、お名前や人数、コース名をタイムライン形式で印刷できる「予約台帳」の印刷機能に加えて、コースごとにあらかじめ料理名を登録しておき、ご予約ごとに「調理指示書」を印刷できるなど、多様な帳票類をPDF出力して業務に活用することができます。

予約されたコースや料理の内訳を1週間分まとめて印刷することもでき、厨房での食材発注時に大変役立ちます。

多店舗展開している企業であれば、リザーブキーパーの集計機能をより活用することができます。予約件数や人数、コース別の内訳、媒体別の流入数といった様々な情報を、店舗単位だけでなく、エリアやブランドといった様々な「グループ単位」で一括集計して、確認することができます。前年の予約状況と比較した各店舗の進捗率も把握できるため、店舗ごとの販促方針を決める際に活用できます。

こんな店舗におすすめ

予約管理だけでなく、「顧客管理もしっかり行いたい」という方に向いています。

CTI機能により正確な着信番号から顧客情報の紐づけができるので、しっかりとした顧客台帳が作成できます。また、名刺取込やDM印刷など、顧客管理に最適な機能が充実しています。

顧客情報は予約登録時に自動的に保存される「お名前」「電話番号」に加えて、勤務先名や部署名、役職名、勤務先住所、自宅住所、メールアドレス、誕生日や法事など、様々な情報を登録して管理することができ、来店日などを指定して抽出することも可能です。CSVファイルによる一括登録にも対応しています。電話番号は一人のお客様に対して「最大3件」まで登録することができ、どの番号で着信があっても同じお客様として表示されます。

ネット予約の機能も充実しており、グルメサイトからのネット予約取込機能に加えて、送客手数料がかからない、独自の予約ページも利用できます。予約ページは日本語・英語対応なので、外国のお客様に対しても、ネットから予約の受付が可能です。

「席のみ予約」を前提とした予約システムが多い中、リザーブキーパーでは複数のプランを登録して、写真入りで紹介しながら、利益率の高い「プラン予約」へ誘導することができます。曜日や時間帯、人数などによってプランの出しわけが可能なので、「予約の少ないウィークデイ向けのプラン」「夕方限定の早割プラン」「海外のお客様向け専用プラン」など、様々な取り組みが可能です。

自社サイトを強化して、グルメサイトに頼らない集客を目指したい方にもおすすめのサービスです。

リザーブキーパーの口コミ・評判

効率的に運営できるようになった

これまでは帳票作成に時間がかかっていたのですが、そういったものにかけていた時間がなくなり、効率よく運営を進めていくことができるようになりました。取りこぼしも防げるようになったので、売上アップのためにも貢献してくれています。

営業時間外の予約が取れるようになった

今まで営業時間内のみ予約の連絡を受け付けていたのですが、リザーブキーパーを取り入れて営業時間外も予約が取れるようにシステムを変更したところ、2~3割ほど予約が増えました。これまでその分の予約を知らないうちに逃していたということだと思うので、売り上げの増加にもつながっています。

あふれ呼対策機能が便利

ありがたいことに以前から予約やお問い合わせの電話が頻繁にかかってきていたのですが、その中で逃してしまう予約の電話もありました。あふれ呼対策を取り入れたところ、あとからかけなおすことができるようになり、取りこぼしが少なくなったのは大きな魅力です。

リザーブキーパー 機能対応表

予約台帳機能 iPad(アプリ)/パソコン
顧客管理機能 予約登録されたお客様の顧客情報を保存。名刺画像をアップロードして登録することも可能。ハガキや宛名ラベルを印刷して、再来店を促すDMを送付などに利用できる。
CTI機能 専用端末方式により、電話機や電話番号を変更せずに導入が可能。
Web予約ページ 店舗ごとに専用Web予約ページが提供される。
グルメサイトとの連携 主要グルメサイト、独自サイトからの予約通知メールを取り込んで、テキスト解析が可能。
月額費用 17,000円(本部費用10,000円+1店舗ごとに7,000円)※CTI利用時
初期費用 0円(あふれ呼対策オプション利用時のみ500円)
最低利用期間 3ヶ月(以後は1ヶ月ごとの自動更新)

会社情報

サービス名 リザーブキーパー
会社名 株式会社エアネット
対応時間 電話受付 平日 10:00~18:00(障害対応は24時間365日対応)

リザーブキーパーの
導入事例詳細

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。予約登録時に電話番号の入力が不要になるので、極限まで予約入力の手間を軽減できます。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る