飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全

サイトマップ

予約管理システム おすすめ3製品

飲食店オーナー必見!今すぐ入れたい予約管理システム大全 » 予約管理システムとは? » テイクアウト向けの予約管理システムとは?

テイクアウト向けの予約管理システムとは?

テイクアウト需要が高まる昨今ですが、テイクアウト購入の利用客は、店頭での混雑や待ち時間にうんざりして帰ってしまうことが珍しくありません。

そこで最近になって多くの飲食店に導入されているのが、事前に決済を行える「テイクアウト予約システム」。ここでは、テイクアウト予約管理に便利なシステムをご紹介します。

テイクアウトの予約管理で必要な機能

テイクアウト

テイクアウトの予約管理は飲食店経営者だけではなく、訪れる利用客にとっても便利なもの。店舗への移動時間にスマホで注文できたり、待ち時間が解消されたりといったメリットは誰にとっても嬉しいこと。予約管理システムに必要とされている機能は次の2つです。

オンライン注文受付

テイクアウトの予約システムを導入するなら、オンラインでメニューの注文を受け付ける機能が必要不可欠。注文をデータ化すれば予約内容を整理しやすい上、経営者も利用者も予約状況を把握しやすくなります。スマートフォン端末でオンライン注文が利用できるシステムがポピュラーでしょう。注文サイトやホームページにURLを貼り付けるだけで、すぐに注文を受け付けられるシステムもあります。

オンライン決済

クレジットカードなどを利用したオンライン決済システムも導入すれば、予約オーダーと一緒に金銭管理も済まされます。スタッフの会計業務がショートカットされる上、来店時に利用客が混雑することも少なくなります。利用者としては来店後すぐに商品を受け取って帰宅できるのもうれしいところ。またオンライン決済を利用すれば、オーダー後の無断キャンセルやドタキャンリスクを下げることもできます。

テイクアウトの予約管理システムを紹介

テイクアウト向け機能もついている、予約管理システムを紹介します。それぞれの特徴を確認し、お店にあったサービスがないかチェックしてみてください。

リザーブキーパー

店舗独自の注文サイトで他店と差別化

リザーブキーパーテイクアウト

お店独自でテイクアウト注文サイトを作成できる点が強みです。店舗ごとにURLが発行されるため、自社HPやSNSなど、どこにでも注文受付サイトを設置できます。自店舗の情報だけしか表示されないため、他の競合店との差別化を期待できる点が特徴。注文手数料は発生せず、あらかじめ受け渡し時間を制限することも可能です。標準機能として、テイクアウト注文時に入力されたメールアドレスへの配信も利用できます。

リザーブキーパーの公式サイト

TakeEats

全国に導入実績をもつサービス

TakeEatsテイクアウト

最短1営業日からスタートできるTakeEatsは、すでに全国350店舗で利用されている実績を持っています。注文画面からメニューを選択すれば、指定の時間で予約・決済し、受け取るだけで注文が完結。拡張性が高いため自由にカスタマイズでき、店舗ならではの雰囲気で予約システムを作成できます。無料相談会も受け付けており、店舗自体の改善にも一役買ってくれます。

TakeEatsの公式サイト

RESERVA予約

スピーディーな導入が可能

RESERVA予約テイクアウト

ファストフードからレストラン、カフェなど、様々な飲食店のテイクアウト予約サービスに対応しているシステムです。ネット上で24時間いつでも予約受付ができる他、直感的な操作で誰でも簡単に使いこなせるのが特徴。最短3分で導入できる点や、永久無料で利用できる点、外国語対応や独自会員の管理までオールマイティにこなしています。オンライン決済の他、予約カレンダーの埋め込みも可能。

RESERVA予約の公式サイト

予約管理システムおすすめ3製品

用途別で選ぶ予約管理システム

飲食店の予約管理システムを選ぶ際は、オーナーの必要な機能が備わっていることはもちろん、初期費用やランニングコスト(月額費用)も重要な要素です。ここではタイプ別におすすめの3製品を紹介いたします。

顧客管理を徹底重視!
CTI機能を活用するなら

リザーブキーパー
月額費用(CTIあり)
本部費用10,000円
一店舗ごと7,000円
月額費用(CTIなし)
本部費用3,000円
一店舗ごと5,000円
最低利用期間
3ヶ月
リザーブキーパーは予約台帳システムと電話を連動させる「CTI機能」で電話着信時にお客様情報を自動表示。そのため予約登録時に電話番号の入力が不要です。さらにテイクアウトの予約や注文にも対応可能。
数ある予約管理システムの中でも顧客管理に特化した機能をもっとも多く備えており「お客様情報を蓄積して活用したい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお初期費用が一切かからない為、導入コストを抑えることができる点もポイントです。
公式HPを見る

グルメサイトとの連携を
行いたいなら

ebica予約台帳
月額費用(CTIあり)

 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと20,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
主要グルメサイトからは非公式ながら、自店舗の管理画面にログインして席在庫まで管理できる「在庫管理」機能に特徴のサービスです。
また、多言語に対応したWeb予約フォームが作成できるので、インバウンド対策にも有効です。
ebica予約台帳のシステムは「ネット予約の管理業務を効率化したい」 と考える飲食店オーナーにオススメのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用50,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る

とにかくシンプル。
予約台帳機能だけを重視するなら

トレタ
月額費用(CTIあり)
一店舗ごと22,000円
 
月額費用(CTIなし)
一店舗ごと12,000円
 
最低利用期間
12ヶ月
「予約台帳」「顧客台帳」「予約情報集計・分析」「ウェブ予約」のシンプルな基本機能で、提携メディアからネット予約については、自動的に取り込むことが可能です。
iPad専用に設計されているので素早い操作ができ、誰でも簡単に取り扱うことができます。トレタは「まずは予約をデジタル管理してみたい」と考える飲食店オーナーにおすすめのサービスです。
なお、導入の際には月額費用とは別に初期費用10,000円が必要になりますのでご注意ください。
公式HPを見る